生活訓練とは

生活訓練は、障がいのある方が自立した生活において各々の課題に取り組み、生活面の能力を向上させる福祉サービスです。

具体的には、食事や金銭管理、健康管理など、日常の生活に不可欠な能力を身につける事、また疾患によっては回復させることを目指し、訓練を行います。

生活訓練の主な内容

  • 生活スキルの習得
    日常の家事や移動(公共機関の利用)、役所等での手続等、生活していく上で必要な知識や能力を身につけます。
  • 社会的な参加能力の向上
    他者とのコミュニケーションや社会での適切なふるまい等、社会生活を送るうえで必要な能力を身につけます。
  • 健康管理
    身体面の健康に必要な食事、睡眠、運動などの習慣を見直したり、精神面の健康に大切な余暇の過ごし方や、ストレスへの対処法を学びます。

生活訓練の進行

  • 評価と目標設定
    利用される方の現在の状態を評価し、目標を共同で設定します。
  • 訓練と環境整備
    目標に向けて必要なスキル等を学ぶ訓練を行います。
    またサポート体制が整えられ、利用される方が安心して訓練に集中できるよう環境の整備や配慮が行われます。
  • 進捗のモニタリングと支援調整
    訓練の進捗は定期的にモニタリングし、必要に応じて支援プランが調整されます。
    利用される方の変化やニーズに柔軟に対応し、支援を調整していきます。

生活訓練のメリット

  • 一人では難しいことへの手助けを得られる
    生活面における能力を一人で獲得していくことが難しい場合は、支援者の手助けはとても有効です。
  • 社会参加の向上
    社会的なスキルが高まり、他者との関わりやコミュニケーションが改善され、より良い社会参加が期待されます。
  • 心身の安定
    ストレス管理や自己ケアの向上により、心身の安定が促進されることが期待されます。

最後に

生活訓練は、利用される方がより良い生活を築くための力を養うステップです。
しっかりとした生活能力が身につくことで、就労やより良い人生に繋がります。
生活面で課題を感じていたり、困りごとがある方は、ぜひ一度生活訓練の事業所を検討してみてください。